活動

 
活 動 報 告
  

第26回例会

    2017年5月27日(土)13時30分〜16時30分 なか区民活動センター

 

             1.報告事項

        1)例会出席状況    22名が参加しました。
  img_20170716-154523.jpg
 2)PR活動

      ・チラシは前回設置の病院施設に継続しています。

             けいゆう病院、みなと赤十字病院、横浜市民病院

      神奈川県立がんセンター、なか区民活動センター

       3)中区ふれあい助成金の説明会に参加し、29年度の申請を行いました。

             4)春の散策/鎌倉なぞ歩き
                       img_20170716-155857.jpg

        ​     15名参加(同伴3名)、歩行距離約3Km、風が爽やかで無事完走しました。

      5会費納入状況の説明がありました。

             .提案事項

       1)10月に街頭で赤い羽根募金活動に協力予定、参加者を募っています。

          3.懇談会

    事前にハガキで頂いた質問や意見をテーマに、全員で活発に話し合いました。
                           img_20170716-160347.jpg     

    【 グループ別懇談会:会員個人の感想を抜粋しています 】

      Aグループ(全摘の男性)

         手術後、10kgも激やせした。糖尿病が治った。下痢や便秘などの症状がある。

     低血糖で朦朧とする。食事に時間をかけている。野菜作り、水彩など趣味を持つ。

      Bグループ(全摘の女性)

         胃カロチノイドという病気で手術した。逆流や下痢などの症状がある。

      Cグループ(部分摘出)

         食べ過ぎはいけないという意識がある。カカオや甘酒は免疫力を高める。

     術後の服薬は必要なのか。

      Dグループ(部分摘出)

         食べられるものは何か。低血糖は軽い人もいる。就労をどうするか。

     TS-1の副作用で目がかすむ。気分転換のため外出しましょう。

      Eグループ(部分摘出)

          術後しばらくすると骨粗鬆症になった。
            術後は別人です、工夫して明るく暮らしましょう。

               img_20170716-161044.jpg

                               【 懇談テーマを後遺症/服薬、食事/栄養、活動/趣味等に集約しました 】

    ➀ 手術後に起こりやすい症状

                  ・早期ダンピング

                  ・後期ダンピング

                  ・つかえ感・胸やけ

                  ・便秘

                  ・下痢

    A 胃を切った後の食事

                  ・分割食にする。

                  ・よく噛んで、ゆっくり食べる。

                  ・食事時間を規則的にする。

                  ・衛生面に注意する。

    B おすすめの食べ物・気を付ける食べ物

    C バランスの良い食事とは

                  ・朝、昼、夜共に、主食・主菜・野菜類をそろえて食べる。

                   主食:米穀、パン、麺類は油脂類とともにエネルギー源となる。

                   主菜:魚、卵、肉、大豆類、乳製品は血液や筋肉など身体を作る。

                   野菜類:野菜、果物などはビタミンやミネラルを含み、体の調子を整える。

    D 活動について

                  ・生活、仕事は無理をしない、頑張りすぎないように。

                    ・レジャー、スポーツなどは疲れを残さない程度に。

    


第25回例会

    2017年1月16日(月)10時00分〜12時00分 なか区民活動センター

 

           1.報告事項

 1)例会出席状況    23名が参加しました。
img_20170320-085410.jpg

2)PR活動

・チラシは前回設置の病院施設に継続しています。

       けいゆう病院、みなと赤十字病院、横浜市民病院

神奈川県立がんセンター、なか区民活動センター

10月催行のハローよこはま(なか区民祭)に参加し活動内容を紹介しました。
img_20170320-085631.jpg 

・神奈川健康財団のがん患者情報交換会に参加し活動内容を紹介しました。

    2.平成28年度収支決算報告と平成29年度収支予算案

会計及び監査報告がなされ異議なく承認されました。

      3.提案事項

1)例会の開催について

1月、5月、9月に開催します。

2)今年度の散策について

春に鎌倉を散策予定です。

    4.新会員の紹介、挨拶

抗がん剤は断り、手術後丸7年だが転移はない。後遺症は手足が冷える、逆流する。

酒が飲めないので甘酒を飲んでいる。甘酒は免疫を良くするなどの効用がある。
​                  
img_20170320-090132.jpg
    5.懇談会
​               事前にハガキで頂いた質問や意見をテーマに、全員で活発に話し合いました。
                  
img_20170320-090545.jpg

【 医療従事者に求めることについて:会員個人の感想を抜粋しています 】

        大きい病院は親切でないという気がする。

一般論でなく、親身になって聞いてほしい。

がんの告知もいきなりきたし、主治医が無知で薬の処方も適切じゃなく

ダンピングも知らず、ほんとうにひどい目に会いました。

        術後、タコを食べて調子が悪くなったら叱られた。無知な人を相手に仕事を

していることを自覚してほしい。

術前、術後とも後遺症について丁寧な説明が欲しい。

術後の後遺症に関する予備知識と諸症状に対する対応等について、あらかじめ

説明する時間が必要と思う。概略でも。

術後の薬について、その効果、必要性の詳しい説明が欲しい。

手術後の食事指導などがほとんどなされなかったが病院側に反省を求めたい。

食道と胃のつなぎ方を工夫してほしい。

手術の説明を受けた。食事の指導も受けた。
​                   
img_20170320-090826.jpg

【 皆で共有しましょう懇談情報:会員個人の感想を抜粋しています 】

Q1:術後8年になりますがいまだに外科の受診を求められています。

腫瘍マーカーが基準値を超えているからかと思いますが値は一定しています。

肝臓の薬も出ていますが必要でしょうか。

        A胃を取ると鉄分の吸収がない。貧血を起こす。鉄分を補充すると肝臓を壊す。

ウコンに鉄分が多く含まれている。ビタミンB122カ月に1回注射している。

                  A:ビタミン剤と消化剤を飲んでいる。 

      6新年会
​                   
img_20170320-091030.jpg

            恒例のせんざんで新年会を持ち、1430分にお開きとなりました。

日々楽しく生きることを心がけてください!




第24回例会
    2016年9月24日(土)13時30分〜16時30分 なか区民活動センター
 
   1.報告事項
   1)例会出席状況    23名が参加しました。
          
     2)PR活動
        ・チラシは前回設置の病院施設に継続しています。
     けいゆう病院、みなと赤十字病院、横浜市民病院、神奈川県立がんセンター
         なか区民活動センター
        ・なか区民活動センター祭り2016(ハローよこはま同時開催)に参加します。
   3)28年度の中区ふれあい助成金が決定し、交付されました。
   4)会費納入状況の説明がありました。
  2.提案事項
     1)役員改選について
           任期満了につき、会長、副会長2名、幹事2名、会計、監査役(各1名留任)が
           幹事会で選任され、出席会員全員に異議なく承認されました。
  3.新会員の紹介、挨拶 
           見学者を含め3名の方が参加して発表されました。
        
   4.懇談会
   1)2名の方が術後5年経過を迎えられ、思いを述べて頂きました。
      
        ・生きるため1年間抗がん剤使用(TS1)。今は普通に食べられる。
           ダンピングで眠くなる。たまに食べ過ぎて吐くことあり。体温をあげて免疫力を
           高めたり、楽しくストレスを溜めないようにしている。
        ・5月に88歳の米寿。今元気で生きているのは83歳で手術したからだと思っている。
           後遺症はほとんどない。胃を取ってから自分の肉体について考えるようになった。
     2)情報交換
           事前にハガキで頂いた質問や意見をテーマに、全員で活発に話し合いました。
          
         【 皆で共有しましょう懇談情報:会員個人の感想を抜粋しています 】
     Q1:4月に手術で2/3切除し、何でも食べているが便秘気味、下痢はないが食べ物が
             気になっている。
        A:消化の悪いものは食べない。
        A:去年手術したが、よく噛んで食べている。
        A:消化するためには2mm以下にする。
        A:皆で食べるとおいしい、割り勘要員で参加している。
     Q2:これから手術予定、88才の年齢を考え手術はするべきかやめておくべきか
             考えています。余命半年と言われたが方が何もしないで5年生きたので
             どうしようかと悩んでいる。がんセンターに行っているが、手術した方がいいと
             言われている。手術をしない方法という本がある。先生のお母さんなら
             どうしますかと聞いたら、「難しい」という答えだった。
        A:90歳過ぎても手術する人がいる。他の持病の有り無しも関係する。
        A:私が入院した時、80才代の男性が手術していた。体力と持病に問題がないので
             勧めているのだと思う。
     Q3:12年になるが今年もある拍子に2回腸閉塞があった。歳をとると治りにくくなる。
             いろんな病気をしたが一番つらい。
        A:運動が足りないのではないか。手術して普通の状態ではないから動くこと。
             夜食は少なめにするとよい。
        A:腸閉塞のことなら私に相談してください。100回以上入院した。 
     Q4:背中が痛む。3年くらい経つとだんだんひどくなってきた。
        A:昨年3月に3分の2切った。骨粗鬆症が心配で、毎朝カルシウムとビタミンB12の
             薬を飲んでいる。

       ※他に趣味等ご自身のエンジョイライフのセールスポイントを披露して頂きました。
       ・家庭菜園をやっており、隣近所に配っている。
       ・昼はビール500mL、夜は秋田の日本酒1合を毎日。酒はほどほどに人生は朗らかに。
       ・地区センターで俳句の講習を受けており楽しくなってきた。
       ・囲碁を週2回程(脳トレ)、小菊盆栽(菊は草なので毎年型作り)、絵手紙(下手でいい、
          場所を取らない)、太極拳(じわじわと動く、転倒防止)を続けている。
       ・太極拳を週2回、15年やっており、お勧めです。
       ・ゴルフ、5年前はママさんバレーボールをやっていた。
       ・健康麻雀、8月に32名の大会で優勝しました。
       ・カラオケなどで大きな声を出すといい。マイクが握ったら離れない人もいる。



第23回例会
    2016年5月14日(土)13時30分〜16時30分 なか区民活動センター
 
   1.報告事項
   1)例会出席状況    23名が参加しました。

            img_20160803-214558.jpg
     2)PR活動
        ・チラシは前回設置の病院施設に継続しています。
     けいゆう病院、みなと赤十字病院、横浜市民病院、神奈川県立がんセンター
       なか区民活動センター
        ・ALPHA CLUBの会報(平成28年1月号の400号記念エッセイ欄)に、
           当会員の投稿文が掲載されました。
     3)中区ふれあい助成金の説明会に参加し、28年度の申請を行いました。
     4)会費納入状況の説明がありました。
 2.提案事項
     1)会長選出
           初代会長が亡くなりました。幹事会では会を継続することを決定して
           新会長を選出し、全員から承認を頂きました。

            img_20160803-214640.jpg 
            会発足者である会長の意思を継いで、皆さまと一緒に安心して話し合って
            元気づけられる会の活動を継続して行きたいと思っております。
 3.新会員の紹介、挨拶

            img_20160803-214707.jpg
            けいゆう病院で当会の掲示チラシを見て参加しました。術後はどのような食事を
            摂られているのでしょうか。今後、仕事(アルバイトですが)に復帰するのですが
            あまり自信がありません。
   4.懇談会
   1)初代会長を偲んで思い出や感想を話し合いました。

            img_20160803-214732.jpg
      ・会長さんを思い出すと、はいろうかなと思って1回なんかでお目にかかって
            その後入会せずにいた。その後何度か丁寧にお電話を頂いて入らせて頂いた。
            他人を見ていると自分さえ良ければいいという人が目立つが、全く反対で
            他人のために尽くすという印象が強いです。一つ一つのことを丁寧になさって、
            そういうところを尊敬しています。いろいろ勉強させていただいたお返しに
            これから手伝いできたらいいかなと思います。
         ・参加した時、周りが分からず、どういう風な方々でどうしたらいいのか不安な
            気持ちだった。本当にやさしく相談も2〜3回させて頂いたがそれぞれの対応が
            いろいろ詳しく何となく嬉しく思った記憶がございます。また、ちょっとした
            何かがあればじっくりとお話しいただき、その後どうですかとお目にかかると
            忘れないでいてくれた。そういう会長と一緒なら、新しい方がお入りになる時に、
            私もいろんな経験の中で何か役に立てればという気持ちにさせていただいた。
            お疲れさま、本当にありがとうございました。
         ・ALPHA CLUBの機関誌で、横浜に立ち上げるという記事を見た。
            その時には気になりながらも参加しなかった。2回目か3回目の時に皆さんと
            ご一緒にと思いまして、迷いながら会にきたのはこの部屋だった。
            その時、会長が入口の所に立っていて優しく温かい笑顔で迎えてくださったのが
            印象的でした。前向きに頑張っていらしたのに残念です。お世話になりました。
         ・お目にかかったのは5年前、県立がんセンターの会に参加していた時でした。
            当時、会長が奥さんと一緒に来られてアルファクラブの紹介をされた。
            一番感心したことは、大変まじめな人で思い立ったらすぐ行動に移すことです。
            新年会にもあの体を押して、次の例会にも参加された。奥様はいつもご主人の
​            サポートをされて本当に似合いの夫婦だなと思いました。奥様にも感謝申し上げます。
         ・会長にお世話になりました機会は、私は大和市ですが、たまたまALPHA CLUBの
            会報で知りましてお電話したところ、親切に後遺症の悩みを聞いてくださいました。
            又、横浜の会にお入りくださいと、再三電話を頂きましてこちらの方へ参加させて
            いただくことになりました。私もこの歳で老々介護の認知症の主人の両親の面倒を
            見ていたものですから、なかなか参加できなくて、ようやく今月からボチボチ
            参加させてもらえるかなと思っています。いろいろ大変であまり出席できないかも
            しれませんが、こちらで皆さんの体験を聞かせてもらえると思いますので、
            よろしくお願いします。
         ・会長には、2年前に入らせていただきましたが、達筆な毛筆で手紙を頂きまして、
            共に頑張りましょうと激励されました。本当に前向きな誰よりも他人のことを
            面倒見ようというのがにじみ出ているお方と思いましたけれども、残念です。
            残された私たちも、会長さんにならって元気に生きていきたいと思いますので
            よろしくお願いします。
         ・アルファクラブの記事をみまして、会長さんにお電話したら、達筆で素敵な手紙を
            頂きまして、それから何回か電話を頂き、しばらく来なかったらこういうことに
            なって残念です。
         ・病院から紹介されて、会長に電話しましたら、封筒で例会の資料を送ってくれた。
            会に出席してから、がんの講座とか紹介してもらい一緒に出させていただきました。
            その時に一緒に来てくれて、私のような人にもお土産を持ってきていただき、
            親切な人だなと思いました。早く亡くなって残念です。
         ・最初の出会いは、皆さんと同じように電話でやさしい説得力のある言葉だったので、
            早速く、クラブに入りまして、皆さんの体験を知らせていただいてたいへん参考に
            なっています。会長さんのご冥福を祈ります。奥さまもご苦労様でした。




第22回例会
            2016年1月19日(土)10時00分〜12時00分 横浜市社会福祉センター
 
   1.報告事項
     1)例会出席状況    19名が参加しました。

           img_20160214-205855.jpg
     2)PR活動
        ・チラシは前回設置の病院施設に継続しています。
           けいゆう病院、みなと赤十字病院、横浜市民病院、神奈川県立がんセンター
           なか区民活動センター
        ・昨年10月開催、なか区民活動センター祭りに参加しました。

           img_20160214-210640.jpg
           当クラブの問い合わせが数件ありました。
     3)北鎌倉秋の散策

           img_20160214-211223.jpg
           12月3日に11名(同伴2名)で寺社を散策しました。
     4)平成27年度収支決算報告と平成28年度収支予算案で会計及び監査報告がなされ
          異議なく承認されました。
   2.提案事項
     1)例会実施会場について、次回から「なか区民活動センター」を利用します。
   3.新会員の紹介、挨拶(ご主人同伴)

           img_20160214-211832.jpg
           10月19日内視鏡検査で、早期がんと診断され、12月内視鏡でとれる範囲を取った。
           未分化型と言われた。他でセカンドオピニオンとして診て貰ったら手術を勧められた。
           2/3切除らしいが、術後の皆さんのケア等を聞いて参考にしたい。手術をするかどうか、
           思案中です。
   4.懇談会
     1)情報交換

          事前にハガキで頂いた質問や意見をテーマに、全員で活発に話し合いました。
           img_20160214-212451.jpg 
        【 皆で共有しましょう懇談情報:会員個人の感想を抜粋しています 】
    Q1:コレステロールが高く、これに相応しくない食べ物は。
      A:コレステロールは健康上必要なものですが、多すぎると動脈硬化等よくないと
されています。
           要はコレステロールの高い食べ物は少な目に摂ることでしょう。
        ※卵も問題視されますが、1日に1個程度は問題ないそうです。ご参考までに同値の
高い食品の
           一部を列記します。★卵・ピータン・あんこうの肝・すじこ・キャビア・たらこ・海老・
           うなぎの肝・ウニ・イカの塩辛・肉類の脂肪等です。
    Q2:術後2年半。食後腹がすぐ重くなります。便が硬く、正常になる薬は?
       A:病院から紹介された薬局で、漢方薬と消化薬を服用で好調です。薬名はクラシエ
乙字?
            ガスモチン等です。大建中湯を服用、快適です。エビオスとウォーキング。
     Q3:B12不足。食べ物でクリアーできないか。胃全摘3年。
        A:普通肝臓に5年間程度のストックがあるが、それが欠乏すると注射で補う事に
なって
             います。不足すると息切れや、爪がもろくなるなど。ヘモグロビン濃度検査でも
             わかるとのことです。
           「胃を切った人の後遺症」80頁、242頁、74頁等参照ください。
     Q4:逆流の対処法は?術後4年経過、ベッドを上げるとかいろいろ工夫しているが。
        A:特に全摘の人に多いのでは。いろいろの人に尋ねると対処療法しかないようです。
             水をのむとか、牛乳、ジュース等を飲むとか。夕食の内容もやや関係することも
             あるようです。
        A:月に1度程度起こります。食道は酸に弱いので食道炎になりやすい。健常者でも
             なります。私の場合はタケプロン(ゼネリックもあります)を貰っています。
             これを1錠飲むとやがて治まります。医師に相談されては如何ですか。       
     Q5:ドライマウスで口腔科で検査したが,異常はない。胃を切ったので体のバランスが
             壊れたのでは。朝夕嗽をしている。口が痺れた感じ。薬より根菜類を食べるように
             言われた。特に薬はくれない。
        A:本件はあまり経験者が居ないので、かかりつけの医師とよく相談されては。
             ただ術後は何かしら変わったことがあります。食べ物や飲み物の趣向が変わったり、
             味覚が変化したりする事もあるようです。
     Q6:尿または血液1滴で、がんの有無の判定が出来ると報道されているが?
        A:尿による判定は現在日立製作所と共同開発中で実用化は2019年目標。
             血液による判定は、全国に27か所受け付けるところがあり、広島に送り判定して
             もらうとの事。費用は25万円とTVの報道。
   5.新年会

           img_20160214-214724.jpg
           恒例の乾杯の音頭で開宴して和やかな新年会を持つことができ、ご参加のみなさまも
           お元気で今年の幸先が期待されます。14時30分にお開きとなりました。



第21回例会
      2015年9月26日(土)13時30分〜16時30分 横浜市社会福祉センター

   1.報告事項
     1)例会出席状況    20名が参加しました。
          
img_20151023-213230.jpg   
     2)PR活動
        ・チラシは前回設置の病院施設に継続しています。
           けいゆう病院、みなと赤十字病院、横浜市民病院、神奈川県立がんセンター
           なか区民活動センター
        ・なか区民活動センター祭り2015(ハローよこはま同時開催)に参加します。
     3)27年度の中区ふれあい助成金が決定し、交付されました。
     4)会費納入状況の説明がありました。
   2.提案事項
     1)役員補充について
           会長が治療に専念するため、急遽役員の補充が必要になり、幹事会の協議により
           幹事2名の選任について出席会員に提案し、異議なく承認されました。
     2)散策の件
          12月初旬に、北鎌倉(円覚寺、東慶寺、浄智寺)の紅葉を散策します。
           参加予定者は14名です。詳細決定後、ご案内いたします。
   3.新会員の紹介、挨拶
         本年8月横浜市民病院で三分の一胃切除しました。病院でこの会を知り入会致しました。
         現在抗がん剤を服用中です。食欲もなく困惑しています。よろしくお願いします。
         
img_20151023-213548.jpg
   4.懇談会
     1)講話 「外国にすんで」   鈴木 金司さん
         
img_20151023-213711.jpg
         海外駐在25年、それぞれの地域による医療、保健制度等、ご自身の経験を通じての
         お話がありました。
     2)情報交換
         事前にハガキで頂いた質問や意見をテーマに、全員で活発に話し合いました。
         
img_20151023-213810.jpg
    【 皆で共有しましょう懇談情報:会員個人の感想を抜粋しています 】
  Q1:手足がつります。血流が悪いのか、水不足なのか。その際ポカリスエットを
        500ml1本飲むとすぐ治ってしまいます。
  A:同様な傾向は、よくおこる。血行不良か水分不足か?
        スポーツ飲料を摂ったり、風呂で足湯をして治す。
  Q2:3日に1度朝食後下痢をする。1度で後は正常。加齢か胃切除のせいか。
         食事の前に水を飲み過ぎるのも原因か?
  A:胃と腸の切除後は下痢が多い。ヨーグルト、ビオフェルミン等を飲んでいる。
       医者の言では,腸が弱って水分を吸収しきれていないからと。
  A:下痢は普通で、3日に1度、1回だけとは、むしろ羨ましいくらい。
  A:全摘後4年、時折下痢気味の便、食事は柔らかいものをよく噛んでいるが。
       ヤクルトを飲んでいる。朝梅干し、昼ヤクルト、夜大根おろしが定番。
       他に、食事についても意見多数。食材の選択は個人差があり、試行錯誤により選別。
  Q3:だるくなったり、逆流したりの対処法は。
  A:夜ジュースを用意して、その際飲んだり、蜂蜜をなめたり、甘いものを摂ったり
       各人工夫して対処されている。金平糖数粒に砂糖水などで対処。
       尚逆流性食道炎に対処する薬もあるので、医者に相談することも出来るのでは?
       マグラックス、タケプロン、レキシウム等服用の人もおられました。
  Q4:8月切除で、現在抗癌剤服用中です。全く食欲もなく体重も減少しています。
  A:抗癌剤の影響度は、医者に相談すると調整してくれます。食欲がないので、
       栄養品(カロリーメイトとかチューブに入ったジェリー状のものとか、いろいろあります)を
       努めて摂取しました。食欲が出れば食事をとるなど併用しては如何ですか。
       他に、現在迄服用されている薬の紹介があり、要は処方する医師と調剤する薬局を1ヶ所に決めて、
       相互のコミュニケーションを緊密にすることが肝要とのお話がありました。



第20回例会
            2015年5月30日(土)13時30分〜16時30分 横浜市社会福祉センター
 
   1.報告事項
     1)例会出席状況    20名が参加しました。

            img_20150628-205247.jpg
     2)PR活動
        ・チラシは前回設置の病院施設に継続しています。
           けいゆう病院、みなと赤十字病院、横浜市民病院、神奈川県立がんセンター
           なか区民活動センター
        ・タウンニュース(中・西区版)に、会の活動が掲載されました。
        ・ALPHA CLUB(全国紙)5月号に、会の活動が掲載されました。
     3)中区ふれあい助成金の説明会に参加し、27年度の申請を行いました。

            img_20150628-212104.jpg
      4)会費納入状況の説明がありました。
    2.提案事項
     1)散策の件
        ・アンケートによる希望先
           北鎌倉・・・11件、みなとみらい・・・7件、野毛山動物園・・・1件
           本件は幹事会で時期等検討し、後日、希望者にご案内いたします。
    3.新会員、オブザーバーの紹介、挨拶
         入会された3名の方が自己紹介と病状の説明をし、質問や情報のやり取りをしました。
         又、今回の例会に、神奈川県内で看護学校の教員をされている方が参加し、感想として
        “ダンピング症状は、6か月で治まるとか教科書に書いてありましたが、そうでないことも判ったし、 
         皆様のいろいろなお話を参考にして授業に取り入れたい”と話していました。

            img_20150628-213219.jpg
     4.懇談会
      1)講話 「病との向き合い方」 渡辺 宣明さん

            img_20150628-213412.jpg
        【がんと向き合っている、切実な体験記をお話して頂きました】
         H18年6月胃切除。診断はスキルス性で2/3切除。進行が速いのではないかと心配。
         術後、人にがんと言うことを話すのを避けていたが、そのうち実情を話すと楽になった。
         6年経過、足に異常を感じ、昨年から検査。カメラ、CT、PET&CT、検便等検査。
         結果は腸、肺にがん発生、大腸がん手術、肺は分子標的薬で治療中。
         4月にはCT検査で肝臓転移も発見された。治療の経過で、左肺は縮小。
         肝臓は化学療法です。
         何度も治療のため入院を繰り返している。副作用は、熱、皮膚炎、吐き気、倦怠感等。
         副作用が嫌で治療をやめる人も居るが、私はそこまでの事は無いので継続しています。
         以上の事から、医師の治療は治療として、患者自身がどう向き合うか。
         医学書・体験談を読むに、医学の限界があると思う。
         ジャズピアニストの中島梓さんの生き様に感心しました。複数のがんを持ちながら、
         体調に合わせて、演奏活動をやったり、寝込んだり、また調子を見て綺麗な着物を着たり、
         旅をしたり、音楽を聴いたり、病気と同居しながら、悲壮感も無く前向きに日常生活を
         送られていました。
         私も病気になる前から、カルチャーの楽しみ、気持ち良く笑えるもの、ジョークや寄席、
         芝居、音楽会等に心がけています。笑う事は体にいいですね。今も裏千家のお茶もやっています。
         現状は、頑張って、いけるところまでと考えています。
     2)情報交換
          事前にハガキで頂いた質問や意見をテーマに、全員で活発に話し合いました。

            img_20150628-213633.jpg
          会終了後、丸山重光さんのハーモニカ演奏が披露されました。
          
img_20150628-213857.jpg      
     



第19回例会
    2015年1月22日(木)10時10分〜12時00分 横浜市社会福祉センター
 
    1.報告事項
    1)例会出席状況    23名が参加しました。
          
img_20150323-103412.jpg         
       2)PR活動
         ・チラシは前回設置の病院施設に継続しています。
      けいゆう病院
      みなと赤十字病院
      横浜市民病院
             神奈川県立がんセンター
        なか区民活動センター
         ・ALPHA CLUBの会報9月号、「患者同志の助け合い」に会長の紹介文が掲載されました。
         ・10月催行のハローよこはま(なか区民祭)で本会の宣伝が映像で紹介されました。  
       
img_20150323-104654.jpg
  3)横浜山手西洋館「世界のX‘mas」巡り
          
img_20150323-105223.jpg
         12月4日に15名(同伴3名)で7館見学し、港の見える丘公園で解散しました。
     4)中区ふれあい助成金を活用し、当会の備品としてデジカメを購入しました。
    2.平成26年度収支決算報告と平成27年度収支予算案
           会計及び監査報告がなされ異議なく承認されました。
    3.提案事項
           今まで三溪園散策、山手の西洋館巡りを実行しましたが、年1回か2回程度は如何か。
       また要望等あれば、折に触れご提案ください。
          
img_20150323-105303.jpg
    4.新会員の紹介、挨拶
           平成11年6月胃切除。10年目。 悩みは、後期ダンピング症状。体重が増えない。
         身の回りに経験者が居ないので、話が出来ない。最近体調も衰えてきて、胃の不快感、
           健康の不安を覚えているので、当会に参加しました。
    
img_20150323-105334.jpg
         【本件の申し出に、皆さんの多数の経験、考え等が発表されました。 】
          
img_20150323-105418.jpg
      ○食べ方はゆっくり、時間をかけて。友人等と外食の際は、はっきり量、速度をマイペースで友人にも 
   協力してもらう。私の場合、体重は13キロ減少、6キロ戻ってそれ以上は戻らない。これが自分の
   体重と思っている。
    ○炭水化物に偏る食事はダンピング症状が起こりやすい。
  ○5年経っても、10年経っても注意しないと、この現象は起こる。
  ○3年目だが、悩まない。基本的には後遺症は変わらない。受け入れてその中でどうするか。
  ○ 後遺症は時々起る。受け入れたうえで対処する。通常と異なった場合は検査が必要。
  5.懇談会
    
img_20150330-111458.jpg
   事前にハガキで頂いた質問や意見をテーマに、全員で活発に話し合いました。
  6.新年会
   
img_20150323-105540.jpg
        恒例のせんざんで和やかな新年会を持つことが出来、ご参加のみなさまもお元気で
         今年の幸先が期待されます。14時30分にお開きとなりました。
 
 

第18回例会
  2014年9月27日(土)13時15分〜16時30分 横浜市社会福祉センター

1.報告事項
 1)例会出席状況    23名が参加しました。

            img_20141008-131038.jpg
             ようこそ皆さま、そしてお疲れさまでした!!
    2)PR活動                
       ・ALPHA CLUBの会報9月号にアルファ・クラブ横浜会の活動が掲載されました。
      ・10月に開催される、ハローよこはま(なか区民祭)に当会のブースを出展します。
  ・チラシは前回設置の病院施設に継続しています。
   けいゆう病院
   みなと赤十字病院
   市民病院
        神奈川県立がんセンター
   なか区民活動センター
       ・例会の案内を送付しました。
         恩賜財団済生会横浜市東部病院
         横浜市立大学付属病院(福浦)
         横浜市立大学付属市民総合医療センター(浦舟町)
        神奈川県立がんセンター
 3)26年度の中区ふれあい助成金が決定し、交付されました。
 4)会費納入状況の説明がありました。
2.提案事項
 1)規約第5条 役員改選の件
       幹事会の協議により、会長、副会長2名、会計担当1名、会計監査1名の1期留任と幹事1名の
       選任について、出席会員に提案し、異議なく承認されました。
 2)書記、議事録作成など業務担当者募集の件
       今のところ応募の申し出はありません。
 3)散策の件
       山手西洋館5〜6館の「世界のX’マス飾り」を巡回します。
      現在13名の申込みを頂いています。後日あらためてご案内いたします。
3.オブザーバーの紹介
 1)けいゆう病院がん相談室 セホ佳子さま

           img_20141008-132046.jpg
           【 懇談会終了時、会に出席された感想を述べて頂きました 】
         やはり体験した人でないと判らない事があります。医学書や臨床結果からの知識からだけでなく、
          体験された方のご意見が良い参考になりました。この会は紹介する事が出来ると自信を持ちました。
       尚、診察室での医師との相談は、難しい問題もあるようですから、相談室でも、看護師でも
       結構なので、遠慮なくご相談ください。
4.懇談会
  1)講話 「笑いについて」  石橋 學さん

           img_20141008-132452.jpg
            ジョークを交えたユニークなお話がありました!!
  2)情報交換

           img_20141008-132704.jpg
            事前にハガキで頂いた質問や意見をテーマに、全員で活発に話し合いました!!
           img_20141008-132836.jpg
            会員相互の連絡が必要な場合、幹事に問い合わせくださればお知らせいたします!!

    


 
第17回例会
  2014年5月31日(土)13時15分〜16時30分 横浜市社会福祉センター
 
1.報告事項
 1)例会出欠状況
   28名が参加しました。
                  
 2)PR活動
  ・なか区民活動PR市展に参加しました。(2月12日〜25日)
  ・PR用チラシの設置状況です。
   けいゆう病院
   みなと赤十字病院
   市民病院
   県立がんセンター
   なか区民活動センター
  ・例会の案内を送付しました。
   県保健福祉局がん対策課
   磯子中央病院医療相談室
   タウンニュース社
   けいゆう病院経営企画室
   みなと赤十字病院がん相談室
   市民病院患者総合相談室
 3)中区ふれあい助成金25年度決算書提出と26年度予算書申請を行いました。
 4)会費納入状況が説明されました。
3.提案事項
 1)規約第5条 役員について
     次期役員改選は幹事会にて検討し、次回例会時に答申いたします。
 2)書紀担当ならびに議事録作成など業務担当を募集しています。
 3)秋季散策について
   春の散策を都合により中止しましたので、次回例会時に改めて提案いたします。
4.紹介・発表・特別講話
 1)市民病院患者総合相談室の副室長、がん専門看護師、緩和ケア認定看護師の方がオブザーバー参加
   しました。
                 
 2)新会員の方が自己紹介と病状の発表を行いました。
                   
 3)前副会長による講話がありました。
                  
5.懇談会
  ロの字形式で病状の現況や意見の交換など、全員で活発に話し合いました。
                 


 
第16回例会
   2014年1月28日(火)10時00分〜12時 横浜市社会福祉センター

1.報告事項
 1)例会出欠状況
   25名が参加し、新しく入会された方が7名でした。
 2)PR活動
   タウンニュース社のタウン紙1月15日号にアルファ・クラブ横浜会の活動が掲載されました。
2.会計報告
   2013年度収支決算、2014年度収支予算案が了承されました。
3.提案事項
 1)規約第7条 会の開催について
   例会年4回(1,4,7,10月)を年3回(1,5,10月)に、猛暑を避けるため夏季の1回
   を除き、
曜日については現役者のため土曜日開催で弾力的に運用することになりました。
 2)議事録、書紀担当者を募集しています。
 3)4月初旬、桜の時期に希望者のみ自費で山手の散策を予定しています。
4.懇談会
 1)新参加者が自己紹介と現況の発表を行いました。
 2)全員で3分科会形式による情報交換を行いました。
5.新年会
  例会終了後、13時00分〜14時30分に本牧「せんざん」で催しました。(会費3,500円)



 第15回例会
  2013年11月19日(火) 13時40分〜16時20分 横浜市社会福祉センター
  1.報告事項
  (1)訃 報
    会員の太田洋子さんが前から体調不良を訴えていましたが、8月3日亡くなりました。
 ご冥福をお祈りします
  (2)三渓園散策の実施
    9月24日実施し、10人の参加で秋晴れの半日、同園で散策を楽しみました。
  2.懇 談
   今回も新参加者を交え、懇談形式で抱えている問題点を出し、経験などからする対
策を
   語り合いましたそして全員が現況を報告しました。



 *目黒さんが県のがん対策推進委員に就任
  県は10月、新たに「神奈川県がん対策推進計画」を策定し、さらにがん対策を進めていくこと
 になった。この計画推進のため、「神奈川県がん対策推進協議会」を設置し、医師、学識経験者、
 市長村がん対策担当者などから12人が委員として就任し対策に当たっていく。その中に、本会の
 目黒由紀子さんががん患者の代表(2人)のひとりとして選ばれた。今後、年2回の会合でがん経
 験者としてまたがん患者会として意見を述べていくことになる。
  初回の会議が11月12日開催され、目黒さんはこれに出席した。


 *初めての試み 三溪園散策
   例会のほかにさまざまな集まりを、との要望に沿って9月24日、参加者10人で横浜市中区の

   三溪園散策を実施しました。絶好の行楽日和で、同園の案内ボランティアの説明を受けるなど
  楽しい半日を過ごしました。
   初めての試みでしたが、いずれ機会をみて散策やハイキング、見学会などを行ないたいと話し
  合いました。
    
       元気に歩き回りました



 第14回例会
  2013年7月18日(木) 13時40分〜16時10分 横浜市社会福祉センター
  1.報告事項
  (1)本会のチラシ設置状況
    けいゆう病院、みなと赤十字病院のほか、新たに磯子中央病院にも置いてもらうことになり
    ました
  (2)横浜市社会福祉協議会の「ふれあい助成金」の交付が決定しました 
  2.懇 談
  今回は全体会議として出席者各自が身体状況の経過・現況を話し、質疑応答をしました。

 *県・がん対策課の担当者が本会を見学
   今回の例会に、神奈川県保健医療部がん対策課の担当者が見学に訪れました。がん患者会がど
   のように活動しているのか、患者の生の声を聞いたりして今後の行政の参考にしたいと話しました。



 第13回例会
  2013年4月27日(土) 10時10分〜12時10分 けいゆう病院
  1.報告事項
  (1)アンケートの主な結果は次のとおり。
    *形式は4〜5人程度のグループや後遺症別の懇談がよい
    *例会は現行どおり年4回程度でよい
    *医療関係者の講演、後遺症克服者の話なども聞きたい
    *例会のほかに趣味や旅行、お茶会や散策などで集まりたい
  (2)本会のチラシを地区センター、コミュニティーハウスと2病院に配布してPRし
    ました
  (3)横浜市中区の補助金交付団体として、2012年度の決算書を提出しました
  (4)リレー・フォー・ライフの関係者から、本年の活動に参加要請がありましたが、
    本会の趣旨と若干違うところがあり、情報交換程度にしていくことにしました
  2.新入会員の自己紹介
   6人の方が自己紹介を兼ねて病状と経過を説明しました。
  3.懇 談
   グループ別に後遺症などについて情報を交換しました。
         
              今回もさまざまな情報が交換されました    



 ・渡辺会長の術後管理が新聞に掲載されました
   「夕刊フジ」(産経新聞社発行)では、健康ニュースを掲載している。それの2013年4月2日
   付で「がんへの備え・胃がん編『術後管理』」と題した記事に、渡辺会長が取り上げられまし
   た。術後の食事管理、毎日の散歩、便秘対策、アルファ・クラブ横浜会の活動などが写真入で
   掲載されました。  



 第12回例会
  2013年1月22日(火) 10時10分〜11時45分 けいゆう病院
  1.新体制役員の紹介
    本年度から務める新しい役員が紹介されました。
  2.新入会員の自己紹介
   入会された3名の方が自己紹介と病状の説明をし、質問や情報のやり取りをしました。 
 3.議案審議
   2012年度収支決算、2013年度収支予算案が了承されました。
 4.懇 談
   今回も4グループに分かれ、病状の現況や意見の交換など活発に話し合いました。術後間もな
   い方の後遺症の不安について、先輩諸氏が経験を話し激励をしました。
   最後に、「胃をなくしても明るく元気に」この1年を過ごしていくことを皆で誓い合いました。
      
             本年初の記念写真です

 ・新年会を開催
   例会終了後、会場を別にして有志で新年会を開きました。食べて飲んで、おしゃべりをしなが
    ら楽しいひとときを過ごしました。胃はなくても皆さん食欲旺盛でした。
         
           新年会ではたくさん食べました
             


 第11回例会
  2012年10月23日(火) 13時30分〜15時45分 横浜市社会福祉センター
  1.報告事項
  (1)本会のチラシを作成し、横浜市中区社会福祉協議会その他へ配布しました。「なか区民活動
    センター」登録団体の情報提供の一環として行なったものです。
  (2)神奈川県立がんセンターのがん患者会「コスモス」の会合に渡辺会長が出席し、会の運営状
    況、患者さんの話などを聞いてきました。また本会の現状も報告し、交流を図りたいとしま
    した。
  (3)「なか区民活動センター祭り」へ出展し、活動内容などを掲示し多くの人と交流しました。
  2.新入会員の自己紹介
   入会された3名の方が自己紹介と病状の説明をし、質問や情報のやり取りをしました。 
 3.会則の一部改正
   会則が一部改正されました。監査役の設置と会費未納時の措置です(詳しくは「会則」の項
   参照)。
 4.役員の改選
   任期満了に伴う役員の改選があり、副会長に鈴木金司さんと石橋学さん、監査役に丸山重光さ
   んが互選されました。渡辺会長と目黒会計担当は留任。
  5.懇 談
   4グループに分かれ、病状の現況や意見の交換など、活発に話し合いました。 
    


 なか区民活動センター祭り に参加
  2012年10月7日(日) 10時〜16時 
  「なか区民活動センター祭り」が10月7日、同センターで開催されました。登録しているうち25
  団体が出展し、作品や活動内容の展示などを行い、訪れた多くの人と交流しました。
  これに本会も昨年に続いて出展し、会の趣旨や活動などをボードで展示したり来場者に説明した
  りしました。
    
       本会のブースには多くの会員も訪れました



 第10回例会
  2012年7月27日(金) 13時10分〜15時25分 横浜市社会福祉センター
 1.報告事項
  (1)けいゆう病院は「がん相談支援室」を設置しました。これにより当会が要請するばあいは支
    援室のがん専門の看護師が例会に参加してもらい、情報や意見の交換、助言をしてもらうこ
    とになりました。
  (2)神奈川県立がんセンターのがん患者会「コスモス」から、会の運営や活動についての案内書
    を頂戴しました。
  (3)アルファ・クラブ関西で発行している会報「アルファ・クラブ関西通信」12年夏号が届きま
    した。同会報はA4判で年2回の発行。
  (4)横浜市中区の「中区を元気にする市民活動団体」に、当会が登録されました。
 2.ゲストあいさつ…けいゆう病院がん看護専門看護師 唐橋美香さん
   当院ではがん相談支援室を設置し、がん疾患に関する相談を始めました。すぐに解決に結びつ
   かないかもしれませんが、まず相談することで先が開けるようにしたい。患者さんのため一生
   懸命努力します。ご家族や当院にかかっていない方でも積極的に利用していただきたい。相談
   は無料で予約制です。
    以上の趣旨を話され、出席者の質問などにも答えてもらいました。
 3.新入会員の自己紹介
   入会された2名の方が自己紹介と病状の説明をし、意見・情報のやり取りをしました。 
 4.懇 談
   2グループに分かれ、病状の現況や意見の交換など、活発に話し合いました。
   
      さまざまな意見が出されました



 第9回例会
  2012年4月19日(木) 13時05分〜15時45分 なか区民活動センター
 ・報告事項…(1)会計を担当していた山室恵美子さんが3月7日死去された報告があり、全員で黙
          祷しご冥福をお祈りしました。
       (2)アルファ・クラブ関西事務局から「交流したい」との来信がありました。
 ・役員の選出…新しく会計担当に、目黒由紀子さんが選出されました。
 ・新入会員の自己紹介…入会された2名の方が自己紹介と病状の説明がありました。
 ・病状体験談…宮澤久美子さんと宮治嘉代子さんが、病気のことや後遺症について体験を発表しました。
 ・その後、懇談・情報交換をしました。



 第8回例会
  2012年1月18日(水) 11時10分〜12時10分 横浜市社会福祉センター
 ・2012年度の開催日が4月19日(木)、7月19日(木)、10月18日(木)と決まりました。
   会場は「なか区民活動センター」の予定です。
 ・ホームページの公開(2011年11月29日オープン)の報告がありました。
 ・2011年度の収支決算、2012年度の収支案が可決されました。
 ・新入会員の自己紹介と病状経過説明……新しく会員になった方が説明しました。
       
               話し合いの風景

 ・新年会 横浜市中区「せんざん」
  例会の後、会場を別にして新年会を開催しました。胃はなくても大いに食べ、今年も元気に過ごそうと

 
誓い合いました。
   終了後は、有志でカラオケに繰り出しました。
 



 第7回例会
  2011年10月20日(木) 13時05分〜15時30分 なか区民活動センター
 ・新入会員の自己紹介と病状経過説明……新しく会員になった方が説明しました。
 ・質疑、懇談……互いに質問したり回答したりしました。
 ・特別講演……講 師 横浜市立大学附属病院一般外科部長 利野 靖 先生
        演 題 胃切除後の後遺症対応について
 ・懇談。次回の開催について。
      
      熱心に聴講する会員と利野先生(右)                              


 
 なか区民活動センター祭り に参加
  2011年10月9日(日) 10時〜15時 
  横浜市中区の横浜公園・日本大通りで「中区民祭り・ハローよこはま2011」が行なわれました。
 その一環として、当会が主会場にしている なか区民活動センター が「なか区民活動センター祭り」
 を開催し、登録18団体が出展しました。それに当会も参加し活動を市民にPRするとともに、活動
 団体間のつながりを深めることができました。
  当日はWeb上のテレビ放送CHANNEL CREAMtが会場内にスタジオを設け、センター祭りの様子
 をUstreamで生放送し、渡辺会長はこれに出演しました。
          
   説明する会長  



 第6回例会
  2011年7月19日(火) 13時15分〜15時15分 横浜市健康福祉センター
 ・新入会員の自己紹介と病状経過説明……新しく会員になった方が説明しました。
 ・事例発表……鈴木金司さん「後遺症 腸閉塞をいかに克服したか」……胃を3分の2摘出し、術後
  は医師の指示どおり励んだが腸閉塞を100回以上発症し、苦しみに苦しみを重ねた。それをどう
  して乗り越えられたかを話されました。
 ・質疑、懇談……互いに質問したり回答したりしました。その後懇談に入りました。



 第5回例会
  2011年5月21日(土) 13時15分〜15時25分 なか区民活動センター
 ・新入会員の自己紹介と病状説明……新しく会員になった方が説明しました。
 ・事例発表……鈴木好夫さん「胃がん 告知から手術そして現在」……胃を全摘したが、食べること
  が大好きでなんでも人一倍食べていること、下痢やおならが出るが、食べられる幸せを感じている
  ことなど話されました。
 ・質疑、懇談……互いに質問したり回答したりしました。その後懇談に入りました。



 第4回例会
  2011年1月26日(水) 横浜市中区「せんざん」
 ・新年会……会食の新年会を催しました。胃のない人とは思えないほど、食欲旺盛な人がたくさんお
  りました。会食のあとはカラオケで楽しみました。
    
     新年会の食事風景



 第3回例会
  2010年11月15日(月) 13時00分〜15時50分 なか区民活動センター
 ・新入会員の自己紹介と病経過状説明……新しく会員になった方が説明しました。
 ・会則案の提案……討議の結果、全員一致で了承され会則が制定されました。
 ・役員の選出……会則に基づき会長に渡辺宣明さん、副会長に鈴木好夫さん、高砂浩さん、会計に山
  室恵美子さんが選出されました。
 ・質疑、懇談……互いに質問したり回答したりしました。その後懇談に入りました。
   
    熱心に話し合われました



 第2回例会
  2010年4月4日(日) 13時30分〜16時30分 なか区民活動センター
 ・新入会員の自己紹介と病状説明……新しく会員になった方が説明しました。
 ・質疑、懇談……互いに質問したり回答したりしました。その後懇談に入りました。
 ・アンケート回収……前回お願いしたアンケートを回収しました。
   
    終了後、記念写真に納まりました


  第1回例会
  2009年11月29日(日) 14時〜16時30分 なか区民活動センター
 ・参加者自己紹介……まず各人が自己紹介をしました。
 ・会の設立趣旨説明……呼びかけ人の渡辺さんが会を立ち上げた趣旨を話しました。
 ・病状経過説明……参加者がそれぞれ病状の説明と後遺症の悩みを話しました。
 ・質疑、懇談……互いに質問したり回答したりしました。その後懇談に入りました。
 ・今後の進め方……これからどのような進め方がよいか話し合いました。
 ・アンケート用紙配布……各自の病状や悩みや後遺症についてのアンケートをお願いし、次回持ち寄
  ることにしました。